忍者ブログ
プロポーズから恐ろしいほど亀の歩みで結婚に向かう日々をブログにしてみました。
 67 |  66 |  65 |  64 |  63 |  62 |  61 |  60 |  59 |  58 |  57 |
Posted : 2018/08/19 04:57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted : 2017/11/01 23:23
美容打合せ兼ヘアメイクリハーサルに行ってきました。
リハーサルについてかなりうっかりというか勘違いをしておりまして、てっきり打合せと同日に行うものだとばかり思っていました。
先日ふと気になって問い合わせをして判明したものです。
元々の美容打合せもギリギリの日程に設定しており、何かあった時にちょっと心配。
更にいえばリハーサルには母が同行したがっています。
当初の予定では新日本髪の出来る美容師さんが不在で、レンタル予定の衣裳も出せるか分からなかったので、別日に変えて頂くことにしました。
今日なら白無垢も色打掛もOK、もう1日だと白無垢のみOKとのこと。
それならば両方合わせておきたいということで今日に決めました。
上記が月曜の出来事。

予約時間は13時。
今回も早めに出てすっかりお馴染みのラウンジkinkeiでお昼です。
何かのイベントがあったらしく、店内はなかなか混み合っています。
辛うじて空いていた席に通して頂くも、スタッフの方は忙しそうに歩き回っていてなかなかオーダーすら出来ません。
ちなみに今日のメニューもレディースセットですが、+300円で通常メニューからハンバーグにグレードアップemoji
とても美味。
しかしなかなかデザートと飲み物が来ず、気が付けば予約の15分前…。
折角のロールケーキとコーヒーを味わう暇もなく胃に収め、お約束の優待カードを母に託して急いでお店の外へ。
美容室に着いた時には1分前でした。
危ないところだった…。

まずは肌着と腰巻にお着替えを。
ずっと気になっていた「和装下着は必要か」を確認してみました。
結論:不要。
余計に苦しくなってしまう場合もあるらしく、普通の補正で何とかして下さるそうです。
振袖の時のように服装を前開きに限定されていないのがとても助かりました。

美容室に移動してまずは意向とスケジュールの確認。
私は白無垢に新日本髪で挙式、そのまま色打掛に掛替です。
あまり濃いメイクにはしたくないものの、衣装を考えると薄すぎるのもおかしい…。
とりあえず派手すぎない程度にしてみることにしました。
その間に髪の毛はどんどん巻かれていきます。
新日本髪はまず巻いてそれから逆毛を立てるそうです。
メイクの方は私のしていった最低限の化粧を落としますが、その作業が優しい。
二人掛かりで進んでいく作業は見ていてとても面白かったです。

他にもリハーサルの花嫁さんがいらっしゃって、そちらもやはりお母さんが同伴だったようです。
そちらの方は地毛+半鬘…かな?
ひとまず合わせてみた鬘が髪の色と合っていなくて、親子で楽しそうに笑っている声が聞こえました。
一番の憧れは文金高島田なので鬘や半鬘もよぎったのですが、地毛でやりたい方を優先して私はやはり新日本髪にすることにします。

メデューサみたいな逆毛がみるみるうちにおさめられていって、何か所か止めたら日本髪らしくなっていきます。
とても簡単そうに見えるのですが、後ろから見ていた母はその技術が素晴らしかったと話していました。
最後の髷のような髪を整えたら出来上がりです。
簪のない状態では真ん中と左右の髪の間にちょっと隙間があって歪な感じがちょっと不思議。
今回はリハーサルなので簪も2つほど選ばせて頂き、挿してみました。
 
メイクの方は、最初の仕上がりは上瞼のみのアイラインで私としては落ち着く程度だったのですが、白無垢や色打掛を合わせることを考えたら少し地味。
仕方がないので下にもアイラインをプラス。
ついでに下の睫毛にもマスカラがつきました。
普段はどちらもまずしないので違和感が凄い。
口紅も赤い感じにして頂いたのですが、当日は嫁ぎ紅をするのでどうなるのか…。

首から上が仕上がった状態で更衣室(?)に移動します。
そこから襦袢やら帯やら掛下やらどんどん布に包まれていき、初めて「和装は重い」を実感しました。
腕が上がらない程ではないけど。
ほぼ当日に近い形になったらようやく写真撮影が許可されました。
とても楽しそうに撮っていく母。
折角なので今回も動画撮影してもらいました。

簪は写真↑の鼈甲のものと金属のものを二種類試しました。
白無垢ではどちらも鼈甲、色打掛になると金属の方が合う印象でした。
鼈甲は正統派という感じで好きなのですが、式中は綿帽子で見えないし…。
悩んだ末、ここはやはり金属の方を選ぶことにしました。
ちなみに値段はこの2つなら金属の方が上でした。

今回の支払いはあえて見積もりにはのせず、その場で現金で済ませました。
何となく、某氏に金額を知られたくなくて…。
予約の際に聞いた金額ぴったりで下ろしていったら税抜きの金額でした。
電話口でも「65,000円をお持ちください」と言われたので、てっきり税込金額かと思っていましたemoji
確認大事。

最後に菓乃実の杜に寄って、今度はガトーショコラを買ってきました。
引き菓子にするならやはり一度は自分で味を確認しておかなければ。

アンティナ ギフトスタジオ リフィート 脚痩せ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Admin / Write / Res
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
P R
マイナビウエディング

ウェディングブーケ

子供ドレス

婚姻届製作所









RSS
ランキング
Copyright ©  嫁入り前  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]